忍者ブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
(03/09)
(12/24)
(12/24)
(12/24)
(12/07)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
似非田舎人
性別:
男性
自己紹介:
なんか猫人増えちゃってます。
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
辺境に住む津軽カモメがつづる なんか現実的な戯言
PAGE | 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ついに最終巻となった空鐘。
前の巻で最終予告がされたときは、はっきり言ってまとめられるのか不安感がありましたが、とても上手く描かれていて感嘆しました。
登場人物が魅力的――――それも、主人公脇役全ての人物が生き生きと動き回る様は、読んでいて飽きを感じさせません。それだけに、この最終巻だけで彼らを描ききるのは少々難しい、と思っていたのですが。
下手に盛り上げようとはせず、彼らが辿る道を無難に書き上げています。
メビウスやシズヤなどの“敵陣営”にしてみても、根っからの悪とは言えないものですし、作中で死んでいったリーブルマンは最も人間らしかったと思います。
理想があり力もあるフェリオ達との対比で、愚かさが際立った研究者。彼にも少しばかりの救いが欲しかったですね。あとバニッシュにも。
さて、最終巻ということで一番頑張ったのは、フェリオ率いる主人公組でもなく、我らが道化、パンプキンが率いるビジター組でした。
完全に主人公を取って食っちゃってます。
カトルとパンプキン、この二人がメインと言っても過言ではないでしょう。
肝心のフェリオ、リセリナ、ウルクの三角関係については、えらくあっさりとした決着になってしまいしたが、これはこれでいいかと。
最終巻でドロドロの愛憎劇を展開して、フェリオが刺されて死んだ、なんて衝撃的なラストではなかったので一安心。

エピローグは王道です。
イリスはやっぱりツンデレでした。
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)小島での呟き ブログ管理者 似非田舎人
Blog Skin by TABLE E.NO.CH